トピックス

CSR活動

オットージャパンとSDGs(持続可能な開発目標)

持続可能な開発目標(SDGs)とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます

オットージャパンのSDGsへの取組み

SDGsの「世界を変えるための17の目標」には、私たちオットージャパンの事業を通じて貢献できる多くの目標があります。公正で持続可能な世界を実現するために、本業やパートナーシップにより、強みを生かし新しい価値を創造していきます。
社会貢献活動(CSR)の3つの柱に沿って目標を策定しました。

社会への貢献

利益を追求するだけでなく、社会に還元する社会的責任を果たすことが重要と考えます。HAPPY WOMAN PROJECTの実行委員として、女性のエンパワメント推進及び社会活性化を目的とした活動や、セーブザチルドレンへの支援を通じて、すべての人が幸せに生きられる世界を目指します。

1.貧困をなくそう 2.飢餓をゼロに 3.すべての人に健康と福祉を 4.質の高い教育をみんなに 5.ジェンダー平等を実現しよう

環境への取り組み

通信販売を中心とした事業活動を通じ、環境対策に積極的に取り組み、社会・経済の発展と地球環境との共生による「環境に優しい企業」を目指します。

12.つくる責任 つかう責任 15.陸の豊かさも守ろう

コンプライアンス

コーポレートガバナンスとして、コンプライアンス体制、リスク管理体制、内部監査体制の三つの体制を確立。自らが、企業の手本となるよう、社員全員が力を合わせて取り組んでまいります。

8.働きがいも経済成長も 10.人や国の不平等をなくそう

その他

社内研修やワークショップなどを通じて、SDGs達成に向けての意識向上をはかります。また、変革をもたらすパートナーシップ開発により、それぞれの強みを生かし連携して目標に向かって取り組んでまいります。

社会貢献活動(CSR)へ

  1. Otto Japan
  2. トピックス
  3. オットージャパンとSDGs(持続可能な開発目標)