トピックス

社外活動

『世界で一つのハンカチづくり』① 体験授業を実施しました!

オットージャパンでは社会貢献・社員育成の一環として、小学校などへ出向き子供たちと社員が共に物づくりを体験する「出前体験教室」を行っています。社員の自己啓発、子供たちの社会・職業体験、子供たちの親御様への当社ブランド訴求などを目的としています。

今回の体験テーマは、『世界に一つのハンカチづくり』

子供たちそれぞれの大切な人へ贈る、オンリーワンのハンカチを子供たちに企画してもらう授業です。 当社社員で編成した出前体験教室隊2チーム、名付けてオットーかがやき隊(5名)とオットーひろめ隊(5名)が埼玉県戸田市立美谷本小学校を訪問し、4年生・5年生の子供たちと一緒にハンカチづくりを行いました。

ハンカチができあがるまでの工程を5つのステップに分けて、分かりやすく子供たちへ説明しながら、調査から企画・設計までを実際に体験してもらいました。贈る相手のことを考えながらデザインを考え、実際に布地や装飾を決めていきます。

  1. 調べる(調査)贈る相手のことを知る
  2. 考える(企画)相手が笑顔になることを考える
  3. 選ぶ(材料)実際の布地や装飾品でデザインを決める
  4. つくる(設計書)工場でつくってもらうための設計書をつくる
  5. 届ける(気持ち)完成したハンカチのラッピングとメッセージカードづくり

今回は、STEP1~5の工程を実施していきます。

■STEP 1 調べる(調査) ー 贈る相手のことを知る

実際につくる作業に入る前に、まずは、誰に贈るか、そしてその贈る相手のことをしっかり調査します。

大切に想っている相手のことをじっくり考えてみてね。

■STEP 2 考える(企画) ー 相手が笑顔になることを考える

大切な人へ贈る世界に一つのハンカチを考えます。

ハンカチを使ってどんな気持ちになってもらいたいですか?

■STEP 3 選ぶ(材料) ー 実際の布地や装飾品でデザインを決める

贈る相手のことを考えながら生地や装飾パーツを選びます。

いろんな生地とか飾りがあって迷っちゃうなぁ。

■STEP 4 つくる(設計書) ー 工場でつくってもらうための設計書をつくる

ハンカチをつくってくれる国内の工場の人にも、ハンカチを受け取る人にも、みんなの思いが伝わる設計書をつくります。

分かりやすい設計書をちゃんと書かないとなぁ。

みんなで考え制作した設計書は、工場の人たちに送られて夏休み明けには世界で一つのハンカチが完成します。
次回、いよいよSTEP5へ続く!

その他当日の様子

4年2組『ひろめ隊』

5年1組『かがやき隊』

  1. Otto Japan
  2. トピックス
  3. 『世界で一つのハンカチづくり』① 体験授業を実施しました!